交通事故を想定する

交通事故の被害者になってしまった場合、裁判での判決が下されるよりも、加害者の契約している保険会社との話し合いで、示談が成立することの方が多いものです。話し合いの争点はやはり示談金の金額をめぐるものがほとんどです。

交通事故に遭ったとき、事故で負った精神的苦痛を慰謝料として少しでも加害者に請求したい被害者と、できるだけ支払いを抑えたい加害者側の保険会社との間では思いが真逆であるために交渉がスムーズにいかないケースがあります。保険会社は専門的な知識を有しているので、個人で交渉するのは大変難しいものです。うかつに返事をしてしまうと、本来支払われるべき金額よりも低い示談金しか支払われないという状況にもなり兼ねません。交通事故に巻き込まれてしまったら、早めに弁護士に相談して力を貸してもらうのが得策でしょう。

そもそも示談金とは何のことを意味しているのでしょうか。交通事故の被害者になることは滅多にないので、示談金と言っても、どんなタイミングでその話が出てくるのか、イメージが湧きにくいという人も多いことでしょう。交通事故は、当人同士だけではなく、警察や契約している保険会社、場合によっては弁護士も関係してきます。交通事故が起こってから、示談金を受け取るまでの流れを順番に整理してみましょう。

日ごろから万が一の事故に巻き込まれてしまった場合をシミュレーションしておくことで、自分が分かっていることと分からないこと、普段の備えでは足りない部分などを知ることができます。