示談金とは

示談金や慰謝料という言葉を聞いたことがある人も多いことでしょう。しかし、それらの違いを明確に理解している人は、あまり多くはありません。

交通事故の被害者になってしまった場合、損害賠償について被害者側と加害者側が話し合うというのが一般的ですが、その際に裁判所が介入せずに問題が解決することを示談と言います。示談の際には、損害賠償を金銭で問題を解決されるケースがよくあります。その際に支払われる金銭には、種類によって呼び名が異なるのですが、その金銭全てをまとめて示談金と言います。

示談金には、通常、損害賠償金と慰謝料をまとめた総称です。損害賠償金は、交通事故によって被ったケガの治療費用や通院費用などと、ケガによって仕事を欠勤した場合、本来であれば支払われたはずの給与や賞与などの金額、交通事故によってケガをしてそれが後遺障害となって得られるはずであったのに得られなくなった給与などの逸失利益などが含まれます。

慰謝料とは、交通事故によって受けた精神的苦痛に対して支払われる金銭です。精神的に受けた苦痛とは、ケガと違って他人からは分かりにくく、また数値化できないので、加害者側の保険会社が交渉しようとするポイントにもなります。